世界に羽ばたく若手鍛冶

黒﨑 優

黒﨑優氏は、腕に覚えのある越前の包丁鍛冶のなかでも人気、実力ともにトップクラスの若手鍛冶です。平成31年3月、39歳の若さで伝統工芸士になりました。

機能美を備えた完成度の高い洋包丁やナイフを数多く世に出しています。そのデザイン性の高さは北米やヨーロッパを中心に目の肥えたプロのシェフから圧倒的な支持を受けています。

9000本を超す注文を抱えながらも持ち前の明るい性格で、日々精力的に包丁作りに励んでいます。

​経歴、受賞歴等の詳細は氏の公式ホームページをご覧ください。

完成度の高さと美しさに定評

加藤 義実

伝統工芸士、加藤義実氏は、黒﨑優氏が師と仰ぐ加藤弘氏の義理の息子さんです。義実氏は以前、建築会社でプロジェクトマネージャーのポジションにいましたが、結婚を機に鍛冶職人の道に入りました。

熟練するには長い時間のかかる鍛造技術を比較的短期間でマスター。現在はカトウ打刃物の代表を務めています。抜群の切れ味もさることながら、墨流しに代表されるブレードの美しさで見る者を魅了します。完成度の高さにも定評があり、海外の根強いファンも数多くいます。

アスリートでもあり、越前市の陸上大会に毎年参加しています。​誠実な人柄と確かな技術で越前打刃物界をリードする名鍛冶の一人です。

片刃包丁のスペシャリスト

​北岡 英雄

出刃や柳刃など片刃の鍛造が専門。北岡刃物製作所の3代目鍛冶で、タケフビレッジのなかではt唯一の片刃職人です。

 

和食ブームなどの影響により海外でも和包丁の注目度が年々高まっていて、西欧を中心に海外のシェフからも注文が数多く来ています。

北岡氏の包丁を手にするには半年以上待つことも珍しくありませんが、それでも注文は後を絶たないそうです。一本一本ていねいに造り込まれた包丁は、見る人が見ればその違いが分かる逸品といえます。

北岡氏の作品に惚れ込んだファンにとって、半年間の”おあずけ”はそう長く感じないでしょう。

  • Black Instagram Icon